口周りのシワの種類

「シワ」とひとくちに言っても沢山の種類があります!
まずはシワの種類について、説明します。

①マリオネットライン

唇の両脇からアゴに伸びる2本の線のことを言います。
腹話術に使う人形、マリオネットの口に似ていることから、こう呼ばれています。
原因は、頬の筋肉が垂れ下がることによって出来ると言われています。

②縦ジワ

唇の上あたりに出来る放射線状のシワのことを言います。
原因は、口周りの乾燥によるものだと言われています。

③ほうれい線

鼻の両脇から唇の両端に伸びる線のことを言います。
実際にはシワではなく、「頬との境界線」だそうですが、悩んでいる人にとってはシワ同然ですよね。
原因は、笑ったときのシワが定着したもの、や生まれつき、など様々です。

続いては、シワの解決方法について見ていきましょう。

芸能人も御用達?「ボトックス注射」とは

今回ご紹介するのは、芸能人やハリウッドスターなど多くの著名人が施術を受けていると言われている「ボトックス注射」です!
最近で言うと、かの有名なハリウッドスター、トム・クルーズもボトックス注射をしたのではないかと噂になっていますね!
シワで悩んでいるのは人類共通でした。
「やっぱりトムも人間だったんだな・・・。」とホッとしたのは私だけ?

ボトックスってなに?

注射のことは知っていても、「ボトックスの成分ってなに?」という方ばかりだと思います。
ボトックスとは、ボツリヌス菌(毒素を持つ菌)から抽出されるたんぱく質の一つです。
表情筋に注入し、マヒさせることでシワを解消することが出来ます。

施術方法

①カウンセリング

希望に沿いながら、注入箇所を決めていきます。
術後に「思っていたのと違う!」という風にならないよう、じっくりと相談してくださいね。

②注射開始

ボトックスの注入を開始します。注射なので基本的に麻酔は打ちません。
※注射が怖い、痛みに弱いという方は、希望者のみ麻酔可能な場合がありますので各クリニックにお問い合わせください。

ダウンタイム

ダウンタイムはほぼありません。
術後にメイクをしてお帰り頂けます。
※念のために、しばらくの間は注入箇所への強いマッサージはお控えください。

平均価格帯

約2万~6万円
※ボトックスの種類や注入量、注入箇所などによって変わります。

対応部位

ボトックス注射はシワだけではなく、様々なお悩みに対応可能です!
顔のエラ、ワキガ、多汗症、脚痩せ、口角や首のたるみ取り、おでこ   ・・・など。

ボトックス注射のメリット

施術時間が短い

施術時間は大体10分程度ととても短いので、「時間がなくて忙しい!」、「施術が不安・・・。」という方も安心して受けることが出来ます!

ダウンタイムがない=バレにくい

個人差がありますが、ほとんどの場合ダウンタイムがありません
その理由は、外科手術のようにメスを使用しないから。
注射のみなので、体に負担がかからず、とても安全です。
仕事がある方や学生の方でも、周囲の人にバレずに施術が受けられますね!

ボトックス注射のデメリット

持続性がない

ヒアルロン酸注入などと同じで、持続性がありません。
効果は3か月~半年ほどでなくなり、元通りになってしまいます。
そのため、シワなどがない状態を続けるには何度も施術を繰り返す必要があるので、コストパフォーマンスはいまいちかも。
反対に、仕上がりに満足いかなかったときは、時間が経てばやり直しが可能になります!
持続性がないというのはデメリットでもメリットでもあるんですね。

仕上がりは医師の腕にかかっている

これはどの施術法にも言えることですが、術後の仕上がりは医師の腕にかかっているといっても過言ではありません。
ボトックスの注入量を間違えると、表情筋が動きにくくなり、表情が硬くなってしまいます。
例えば、オネエタレントのはるな愛さんは、医師のボトックス整形の失敗により、一時期全く表情をつくることが出来なくなってしまったそうです。
このようなことは誰にでも起こり得ることなので、失敗を完全に免れることはできません。
対策として、しっかりと経験を積んだ、信頼できる医師に施術をお願いしましょう。